雷句さんの訴訟に関して4(返信ありがとう) | ggdg5z | sa.yona.la help | tags | register | sign in

雷句さんの訴訟に関して4(返信ありがとう)

reply

という訳で前回は漫画制作の現場が魂のぶつかり合いだと書いた。

だから、罵詈雑言が飛び交う事も少なからずあるし、

前回も言ったけど、そんな罵詈雑言浴びせる編集がおかしい、という意見こそ、おかしい。

この点は、ライクさんもブログで認めているところだ。ケンカ腰だったが一緒に作ってくれていた編集はいたと。


では、なぜにこんなにこじれてしまったのか。その原因は大人の現実にある、と思う。

編集さんには、作家と一緒に漫画を作る事の他に、どうしても避けられない仕事がある。それが、ビジネスだ。


以下はあくまでもたとえだけれど、

グッズのための、カラーイラストを描いて欲しい。本誌のポスターを描いて欲しい。

映画のために、新しいサブキャラを登場させて欲しい。ゲームのために、必殺技の効果を追加して欲しい。

アニメのために若干設定を変更して欲しい。発行部数のために、ストーリーを変更して伸ばして欲しい。とかね。

作品を社会的にも、人気をとって盛り上げようとするなら、こういう事って必ず出てくる。


それは編集さんの意思とは関係なく、仕事として担当する作家にお願いしなくてはいけない。

そしてこのビジネス系のお願いは、売れっ子になるほど増える。


漫画制作とビジネスを分けて考えられればいいのだろうが、ここから先は僕の予想だけど、

ライクさんはここで混乱したんじゃないだろうか。


ライクさんからすれば、さっきまで熱く打ち合わせをしていた、同じ編集さんが、

急に熱のない、しかも物語にプラスになるとは思えない要求をしてくる、と映る。

打ち合わせと作画で、全然時間がない事を分かっているはずの編集が、余計な仕事をお願いしにくる。


さっきまでの熱い言葉はなんだったんだ?


そして、そこで、スイッチが切り替わった。

あいつは、おれを、馬鹿にしていただけなんじゃないのか。


一度そう思ってしまったら最後、編集さんを信じる事ができなくなったのではないだろうか。

一緒に作品を作ろうという情熱をもって訪れる編集を、一企業の手先としか思えなくなったのではないだろうか。

それが僕の思う、今回の騒動のカラクリ。

ライクさんのブログを読むと、担当につく編集さんが、代を重ねるにつれ、

どんどん態度の悪い人に代わって行く様子が見て取れる。悪い人から、いい人に代わった例はない。

これは、ライクさんの編集者への不信が、どんどん大きくなっていったからではないのかな。

そしてついに、会ったその時からニヤニヤしガンをとばし喧嘩を売ってきた…、までに至る。


あくまでも予想です。もしかしたら本当に、代を重ねるにつれて悪い編集者に代わったのかもしれない。

僕も、サンデーの編集さんを全員知っている訳ではないし。だけど、少なくとも実名をあげられたうちの一人、

僕の担当編集者さんだけは、そんな人ではないと断言できる。


とは言っても、過失があるのは小学館、ライクさんは被害者だ。僕はそこを覆したいんじゃない。

僕が言いたいのは…、長くなったのでまた後日。そろそろまとめるよ。いただいている質問もあとでまとめて。

posted by ggdg5z | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: 雷句さんの訴訟に関して4(返信ありがとう)

まあなんか

reply

何だっけ?確かアシスタントの顔を机に叩きつけて怪我させたんだよな。

キレやすい性格みたいだからそういうのも多分に影響してるんだろう。

posted by fktw2s | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.